東方美人の特徴と美味しい淹れ方

ORIENTAL-BEAUTY-OOLONG_LEAF

台湾に旅行に行ったお土産で、東方美人を買ったりもらったりしたことがある方はいるのではないでしょうか? この記事では、東方美人の特徴と美味しい淹れ方についてご紹介します。

東方美人の特徴といえば、なんといっても、フルーツや蜜を思わせるような豊かな甘みと香りです。
この甘みや香りの特徴は、製茶した後に味や香りを添加しているのではなく、お茶の葉から出てくる特徴です。そして驚きなのは、これらの特徴は、害虫によってもたらされているのです。
19世紀、台湾の茶畑でウンカという害虫の被害に遭った茶葉がありました。ウンカが茶葉を噛むと、茶葉の噛まれた部分がこのように茶色の状態になります。

害虫被害に遭った茶葉は商品にならないのですが、製茶をしてみたところ、蜜のような甘みと香りのあるお茶ができたと言われています。
その後、ヨーロッパに輸出され、その香りの特徴から「Oriental Beauty(オリエンタルビューティー)」と名付けられました。
害虫被害によってお茶が特徴的になり価値が上がるというのは、非常に面白いですね。

それでは、東方美人を美味しく飲む方法です。

東方美人の美味しい淹れ方
茶葉量: 4g(ティースプーン3杯)
湯量: 300ml
抽出温度: 95度
抽出時間: 4分

お湯は沸騰した熱々のお湯を使います。急須を使用する場合、300mlのお湯に対して、茶葉の量は3g~5g程度(ティースプーンで3杯程度)がおすすめです。
高級なお茶の場合、茶葉をたくさん使用するのが勿体無く感じてしまうかもしれませんが、こちらの記事で紹介した通り、適切な茶葉の量でお茶を淹れることでお茶のもつ特徴を最大限に楽しむことができます。せっかく良いお茶を飲むのですから、思い切って、茶葉の量はケチらずに淹れてみましょう!
上記の分量の茶葉にお湯を注ぎ、4分間抽出してみてください。
抽出したお茶をカップに注いだ瞬間から、東方美人特有の香りを感じることができるかと思います。
ぜひ、素敵なティータイムをお楽しみください!

最後に。こちらが、ウンカに噛まれていない日本の茶畑の写真です。すごく綺麗ですね!


おすすめ記事


最新記事

  • かなりレア?フレッシュハイビスカスティーをつくってみた

    かなりレア?フレッシュハイビスカスティーをつくってみた

  • 西武池袋本店「Good Design Good Over50’sくらしのデザイン展 2023」に出展!

    西武池袋本店「Good Design Good Over50’sくらしのデザイン展 2023」に出展!

  • グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2023」に出展!

    グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2023」に出展!



著者情報/ teploについて

teploは「美味しいお茶を世界中に届ける」というミッションを掲げるお茶のブランドです。

お茶メディアの運営、茶葉の買付・販売、お茶の抽出機の開発・販売、飲食店にむけたお茶のメニュー開発・レシピ開発等を総合的にサポートしています。

お買い物カゴ