ほうじ茶は低カフェイン?煎茶とほうじ茶のカフェイン量を比較

DARKROASTHOJI_02-2

ほうじ茶ならではの香ばしい香りと優しい甘味、本当に美味しいですよね。食事の後や夜に飲むことも多いほうじ茶は低カフェインなのでしょうか?
この記事では、「ほうじ茶は低カフェインなのか?」というシンプルな疑問について答えていきます。

結論から言うと、ほうじ茶にもカフェインは入っています。文部科学省の日本食品標準成分表2020年版(八訂)全体版を参照すると、抽出液100gあたりのカフェイン量は煎茶と同量です。煎茶と比べるとカフェインが少ないと言われることも多いほうじ茶ですので、少し意外な結果ですね。

・100gのコーヒーの抽出液中のカフェイン量:0.06g  (抽出方法: コーヒー粉末 10 g/熱湯150 mL)
・100gの煎茶の抽出液中のカフェイン量:0.02g  (抽出方法: 茶 10 g/90 °C 430 mL、1分)
・100gのほうじ茶の抽出液中のカフェイン量:0.02g  (抽出方法:茶 15 g/90 °C 650 mL、0.5分)

コーヒーと比べるとカフェインは少ないですし、抽出する茶葉の種類、製茶方法、抽出方法によってカフェイン量は変化しますので一概に言うことはできませんが、少なくとも、ほうじ茶にもカフェインは含まれています。
常識に囚われすぎず、データに捉われすぎず、美味しく飲むことが一番かもしれませんね。
ご自身の体調や実感と相談しながら、美味しいティータイムをお楽しみください!

こちらの記事では、コーヒーとお茶のカフェイン量について検証してみました。興味がありましたらぜひ読んでみてください。


おすすめ記事


最新記事

  • かなりレア?フレッシュハイビスカスティーをつくってみた

    かなりレア?フレッシュハイビスカスティーをつくってみた

  • 西武池袋本店「Good Design Good Over50’sくらしのデザイン展 2023」に出展!

    西武池袋本店「Good Design Good Over50’sくらしのデザイン展 2023」に出展!

  • グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2023」に出展!

    グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2023」に出展!



著者情報/ teploについて

teploは「美味しいお茶を世界中に届ける」というミッションを掲げるお茶のブランドです。

お茶メディアの運営、茶葉の買付・販売、お茶の抽出機の開発・販売、飲食店にむけたお茶のメニュー開発・レシピ開発等を総合的にサポートしています。

お買い物カゴ