ティーツーリズムのはなし

IMG_9684

お茶は規模の大小はあれど日本のいたるところで作られています。
この仕事をしていると、お茶きっかけで全国の各地を訪れることができるのでお茶がいろんな場所へつれていってくれるなと感じることがあります。
この記事ではティーツーリズムについてすこしお話します。

JRの駅で見かけた佐賀嬉野のティーツーリズムのポスター

ティーツーリズムとは、お茶そのものやお茶の文化を動機にした旅のことです。
ティーツーリズムという言葉が生まれる前からお茶好きやお茶を生業とするひとたちは、まだ見ぬお茶に出会いたいとか、作り手と会ってみたいとか、現地のお水で淹れて飲んでみたいとか、そういったディープな目的で自然にティーツーリズムを楽しんでいたと思います。でもそれはごく限られた人たちだけの楽しみだったと思います。それをもっと広い人に楽しんでもらおうとティーツーリズムを合言葉に茶産地が一体となって体験づくりやPRを行い始めています。

お茶農家さんに「見学に行ってもいいですか?お手伝いしてみたいです。」とご連絡するのは結構勇気がいりますよね。でも、これまでだったらそのくらいの勇気や気合いがないと現地に行ってもお茶の話を聞いたりその土地ならではのお茶体験は難しかったです。ティーツーリズムの試みですこしずつ間口が広がっているのはすごく嬉しいなと思います。(どんな体験ができるとか、いつできるとか書いてくれているサイトがあり、申し込み窓口も用意されていて、安心していけます)

間口が広がってきているなと思ったエピソードを1つ。
お茶は飲む機会がないと言っていた友人が、景色がいいらしいと訪れた静岡のティーテラスでのんだお茶に感激して、たまにはお茶を飲むようになりました。申し込みも割と簡単にできたみたいです。インスタ映えで消費しておわりでなくて、その後の生活にインパクトをもたらしているのもいいですよね。

何にでもいえることかもしれませんが、何がきっかけで好きになるかなんて分からないのだから、好きになってほしいと思うならフックはできるだけ多い方がいいに決まってます。アプローチの方法は異なりますが、私たちteploはテクノロジー×お茶というフックで美味しいお茶を好きになってもらうきっかけを作れたらなと思っています。

すこし脱線もしましたが、以上、ティーツーリズムの話でした。


おすすめ記事


最新記事

  • かなりレア?フレッシュハイビスカスティーをつくってみた

    かなりレア?フレッシュハイビスカスティーをつくってみた

  • 西武池袋本店「Good Design Good Over50’sくらしのデザイン展 2023」に出展!

    西武池袋本店「Good Design Good Over50’sくらしのデザイン展 2023」に出展!

  • グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2023」に出展!

    グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2023」に出展!



著者情報/ teploについて

teploは「美味しいお茶を世界中に届ける」というミッションを掲げるお茶のブランドです。

お茶メディアの運営、茶葉の買付・販売、お茶の抽出機の開発・販売、飲食店にむけたお茶のメニュー開発・レシピ開発等を総合的にサポートしています。

お買い物カゴ